更年期障害なら専門治療を受けよう|改善されるイライラ症状に感動

病棟

大腸の病気の検査方法

インテリア

大腸の検査のメリット

健康診断などで大腸の検査を受けると、大腸がんなどの大腸の病気を早期発見することができる。健康診断で行われる検便検査は、便を調べるだけで大腸がんを発見することが可能になる。検便検査は排泄した便を採取して調べるだけなので、肉体的な苦痛は一切なく、とても簡単に大腸の病気の検査ができる。検査代も安いので、とても気軽に検査が受けられる。飲食店で働いている調理師は、食中毒の発生を防ぐことを目的に、月に1回以上の検便検査を受けることが法律で義務付けられている。定期的に検便検査を受けることによって、飲食店での食中毒の発生を未然に防ぐことにつながる。検便検査は最寄りの内科の病院や診療所で検査を受けることができる。保健所でも検便検査を受けることは可能で、検査手数料は2600円程度である。

大腸の病気の検査の注意点

検便検査で採取する便は、なるべく新しい便を採取することが必要になる。新鮮な便であるほど検査の精度が高まるので、検査直前に便を採取することが望ましい。便秘気味の人は、前日に食物繊維が豊富に含まれている食事をすると、便が出やすくなる。洋式トイレで大便を採取する際には、いつもの姿勢では採取しにくいので注意が必要である。いつもと反対向きに座って便をすると採取しやすくなる。温水洗浄便座を使用する際には、温水が出ないように事前に設定しておく。便の採取が終わると、検体袋の中に検便容器を入れて提出する。検体袋には名前などを記入することが必要になるので、記入漏れがないように気をつける。検便容器にも名前の記入が必要な場合があるので、よく確認してから提出するようにする。