更年期障害なら専門治療を受けよう|改善されるイライラ症状に感動

病棟

胸腺細胞にできる腫瘍

男の人

腫瘍による症状や治療法

胸腺とは、大動脈弓や肺動脈の間に存在する臓器であり、乳幼児では活発に働いていた乳腺細胞が、成人になって退化する事によって胸腺腫瘍が発生します。胸腺腫瘍の中でも、悪性の強いものは胸腺がんと言います。胸腺腫瘍の治療においては、外科手術で摘出するが主であり、胸腺がんの場合だと、手術の後に放射線療法や化学療法やホルモン療法を使用して再発を予防するのが一般的な治療法です。胸腺腫瘍の症状は腫瘍の大きさが大きくなる事によって起こりやすく、胸痛・咳・喀痰・呼吸困難などがあり、初期の頃からは無症状である事が多いと言われています。重症筋無力症の合併症を伴うと、眼瞼下垂・重視・筋力低下・嚥下困難などの症状が見られます。

外科手術を行う際の利点

胸腺腫瘍の治療は、先程にも挙げた通り、外科手術を行うのが主となっています。基本的に、胸腺腫瘍の治療における外科手術は、開胸手術と胸腔鏡手術という2つの方法があります。開胸手術ではしっかりと腫瘍を見て手術が行えるため、確実に腫瘍を摘出する事が可能となりますが、胸腔鏡手術では傷を付ける部分が少なくて済み、体への負担が少なくて傷跡が残らないというメリットがそれぞれにあります。また、近年では医療技術が進み、ロボット支援下胸摘出術という方法が出てきています。これは従来の外科手術とは違って、大きい腫瘍であっても確実に摘出する事が可能であり、傷口の回復が早いといったメリットがあります。メリットを把握すれば安心して手術に挑むことが出来るでしょう。